世界一わかりやすい“疲れ”の正体! ①

すべての始まりは朝起きて取れない体と心の疲れだった。

すべててって?
・動く元気がでない       → 精力減退。
・行動しようという気力がでない → 気力減退。
・やろうと言う意欲がでない   → 意欲減退。

これが、朝起きて取れない体と心の疲れが一番の原因だった。

軽い疲れと慢性で重い疲れの正体??

疲れにも軽い疲れと、慢性的に取れない疲れの2種類があります。
この辺を見落とすと大変なことになってしまいます。

それは、医者にお世話に成らなければ成らない病気という辛い出来事です。
自分だけでは済まないのです。家族・職場・何かを志す同志・・・
自分の関わる方にすべて迷惑をかけてしまいます。

軽い肉体の疲れを判断するポイントは、

一日仕事などをして夕方に成るにつれて、疲れがでてきて肩はコル、
目は疲れる、腰が痛いなどお仕事によって一番使った所が苦しく
仕事をする元気も切れてくる状態です。
しかし、一晩寝ると昨夜の疲れが取れてスッキリと取れている範囲の疲れです。

以上から、軽い疲れは「夕方辛くなって来て、次の朝スッキリ」という範囲なのです。
この範囲は、あえて問題になることはほとんど無いと言えます。

しかし、重い疲れの場合は要注意なのです。

そのポイントは、一晩寝てもスッキリと疲れが取れずに、中々布団から起きるのが苦痛でだるいのです。しかしこの疲れは重要ですからもっと深く分類します。

① 慢性の疲れの中でも軽い方
これは、朝起きて2時間ぐらいすると、だんだん元気がでてきて動ける段階に入れる方です。

① 慢性の疲れの中でも中程度の方
この方のは、午前中はエンジンがかからず、午後に成ると元気が少しずつ回復してくる方です。具体的には14時ぐらいからでしょうか。
よく飲み過ぎて酷い二日酔いなどと言う方は、
だいたい14時過ぎると「今晩もまた行けるか」なんて思い始める時間でもありますね。

① 慢性の疲れの中でもかなり重いタイプの方
これは、まさに1日中疲れて無気力状態の方でしょうね。
こんな中に5時から元気という夜更かし族がよくいますね。

すべてを支える精力

軽い疲れにしろ、重い疲れにしろ何が原因かと言いますと、
精力の減退です。この前兆は足腰の衰えから始まります。

もっと詳しく分類すると、
軽い疲れは、きちんとした食事をしっかり取り、お風呂で疲れを取るでしょうね。
人によってはマッサージや軽い運動で気分転換が必要です。

しかし、重い疲れになると話は別で、
先ず充分な睡眠がダントツに必要なのです。それは精力が夜寝ている時に
始めて補われるからなんです。次に食事です。

この重い疲れの段階は、不眠がついてきます。
寝付きが良くないパターン・夜中に何でも根が覚めるパターン
夜乗るのが遅いので遅くまで寝たいと思っても朝早く目が覚めるパターンです。

こういう段階は、もう専門家の手を借りる段階です。
そう病気に成らないうちに・・・・
そんな重い疲れの方には、疲労解消と体力増強の
家庭でできる「お灸の指導」をしています。

因みに、お灸は疲れを取り体力増強に多いに力を発揮します。
お灸の熱感は体の疲れを取り、お灸の香りは精神の安定につながるのです。

そして鍼は、体の中から病気自体の予防と治療をします。
未病をなおして病気に至らない様な目的でおこないます。

この事が、自分と自分の周りの大切な皆さんの運気を同時に上げて
ほんとうの自分に近づけて自立できる一歩となるのです。
これが本当の「ナチュラルライフ」なのでしょうね。。

ブログランキング参加中です!
① バナーをクリックして開く。
② 開くと右下に「現在の順位をくりっく」
③ 順位の中の当方のブログをクリックして開く
これで応援クリック完了なんですよ。。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

現在当院以外で同じ運氣論治療を受ける事ができる診療室
はり灸院 きりょう<札幌市> , はり・きゅう 月舟庵<札幌市>
しばた鍼灸院<富山県>, 山田治療院<愛知県> (卒業生は載せてありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA