生き抜くための最前線!「冬至・とうじ」。

さあ今日から名実ともに本格的な「冬至・とうじ」です.
正確には昨夜の夜中の0時から変わりました。

日が少しづつ長く成っていきます。
がしかし、外の寒さは強くなっていきますが、
井戸水は温かになってきます。。

その理由は、南半球では太陽が昇り始めます。
その結果、日が長くなっていくのですが、
太陽が昇るので地面の中が温まり井戸水も
温かに成ってくるのです。

皆さんの運気や運勢は冬至から始まります。

このような季節の変わり目は月に2回来ます。
これを「二十四節気・にじゅうしせっき」といいます。

本日の冬至では、皆さんの来年の運気運勢が動き出しました。
何処でそれが解る???って聞こえて来そうですね。

それは「私たちの脈」にそれが現れてきます。

 

細かな仕組みや用語、成り立ち等は、これから少しずつお話していきますが、
結論から言いますと、2通りの運気の流れが来ていて
必ずどちらかに沿っていました。

Aのタイプ:お疲れタイプ
特徴的な症状として、
この方は非常に疲れていて、
頸から肩こりがつよく
人によっては食欲が何時もより無いという方です。

Bのタイプ:未だ元気タイプ
特徴的な症状として、
興奮気味で、体やお腹に熱がこもり喉が渇き
便秘等という方です。

Aのタイプ:お疲れタイプの運勢向上法

この方は、一言で休息が必要な方です。
体の内外を暖め夜は睡眠・昼は休息が必要ですので
暖かい物を取り、仕事も体も休息が必要です。
これが出来れば、体が元気に成り、次に心が元気を取り戻し
頭もポシティブになります。。運気運勢は向上します。

Bのタイプ:未だ元気タイプ

この方は、良い物と悪い物、必要な物と不必要な物などを
弁別し処分するという事ができると体調も整い
周りとの諍いも減り運気運勢が向上します。

体という器が元気に成れば、運気に乗っていると言う事。

どの人も運気や運勢の話はしますが、
それは元気な体が合ってのことです。

いくら良い運勢の波が来ていても、
元気がでなくては折角のチャンスを逃してしまいます。

バス停に時間通りにバスが来ても
乗り遅れたり、時間を勘違いしたりするのと
まったく同じ事なのです。

以上のような事が患者さんの脈の脈にでてくるのです。
昔の医者が「脈を取る」と言うのがこれをしていたのです。
病気の原因を、外の環境から・心の問題から・感情なの脳の問題からと弁別し診療をしていたのです。

病気を治療するのはもちろんの事、運気を向上させて日々楽しい生活を送ることが
東洋医学が養生法であるという所以なのです。

人も他の動植物もすべて地球の上にいて季節の影響を受けて生きています。
脈は自然では「川の流れと同じなのです」。

と言うことで、この運気運勢の対処法は
「今日から5日間です」。

6日目に患者さんの脈をみて運気運勢向上法をまたお知らせします。

ブログランキング参加中です!
① バナーをクリックして開く。
② 開くと右下に「現在の順位をくりっく」
③ 順位の中の当方のブログをクリックして開く
これで応援クリック完了なんですよ。。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

現在当院以外で同じ運氣論治療を受ける事ができる診療室
はり灸院 きりょう<札幌市> , はり・きゅう 月舟庵<札幌市>
しばた鍼灸院<富山県>, 山田治療院<愛知県> (卒業生は載せてありません)

生き抜くための最前線!「冬至・とうじ」。” に対して1件のコメントがあります。

  1. tkk より:

    たしかに、よい運勢も健康あって活きるものですよね!
    肩や首のコリなどありちょっと疲れ気味な気もしますし、熱がこもっているような気もします、、、自己判断は難しいところですね。睡眠が必要だという自覚はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA