こんばんは。

全国的に雪になっています。
JRも止まっているところもありますよね。

人は大自然の中で生きていますので、
その影響は100パーセントです。

先ず今という時代はどのように成っているか、
という客観的なぶぶんを知らなければなりません。

まず、自然界の天文学的な周期は、
60年を3週して180年で1サイクルです。

それは私たちの体では、上中下と3つに分けられます。
そこへそれぞれ60年づつ配当されます。

それで今は、

実は180年の最後の60年に入っています。
体でいいますと、体では下半身、内蔵では下半身の内蔵です。
婦人科とか腎臓というのが中心にきています。

ですから、近年若い女性の子宮筋腫など婦人科系の病気が多く
腰痛なども多いのも納得なのです。
男性でも精力減退でというひとも多いですね。

それでは、各60年の始まる時期をはなしします。

先ず1番目の60年は、1864年(文久3年)からの60年、
  2番目の60年は、1924年(大正13年)からの60年、
そして最後の60年が、1984年(昭和59年)からの60年。

つまり、今年は2017年ですから、
最後の60年のうちで34年目に突入しています。
と言うことは、残り26年は同じ傾向の自然気象条件に
いきることに成るのです。

それでは本題にはいりますね。
最初の60年は「混沌とした時代」で真実を見つけて
新しい事を造り上げようとする時期です。

男女とわず真実を求める人は求められ、
子供で言うと生まれたばかりの状態です。

ですからこの時期求められていた男性にしろ女性にしろ
純粋で真実を追う人は求められ、あこがれがあったのです。

これを歴史から証明してみます。
1番目の60年は、1864年(文久3年)からの60年は、
高杉晋作・勝海舟・鎌本龍馬など活躍し、
3年後の1867年は「明治元年」を迎えて、
そのご、お札にも登場するような人が現れ、西洋文化がどんどん入り
混沌した時代でした。

江戸の侍時代から、明治という近代日本の創世記です。
いかがでしょう。歴史や人って本当は自然に支配されていて必然なのです。

それでは2番目の60年が大切です。じっくりと。
2番目の60年は、1924年(大正13年)からの60年でした。

この時代は「男が中心の時代」です。
男が上に立ち、先頭をきって上へ外へと発展する時期です。
人の体では体の中心に有る「胃」に相当します。

昭和58年までの男性に求められたのは、さて何だったでしょう。

たくましさ、男らしさ、力強さでした。

同時に、男としての包容力が求められました。

当然といえば当然です。
強いものは、弱いものや下の者、
家族や奥さんなどを「守り安心させる」という義務が生まれてきます。

ですから、58年までは仕事をバリバリやってたくましい、
それでいて家族を守る強い優しさが求められ、
当然、女性もその様な人に引かれたのです。

歴史的にみてもお解りですよね、
この時代は景気は最高潮で勢いが止まらなかったですよね。

しかし、凄い発見。。このバブルがはじけたのが、
丁度この時期です。57年から58年です。
一致しているでしょう。

それでは、現在の60年はと言いますと、
男性に変わって女性が上位をしめる自然現象にはいりました。
今まで男性の裏でがんばってきた女性が表舞台にでてくるのです。

それにいちばん早く気がついたのが、
サービス業でしょう、女性を取り込むために女性への優待など
飲食店ではそうですよね。

ですから病気でもそうですが、
いままで中の深いところの病気が表にでてきました。
精神疾患や、内臓の病気、先天性の病気が増えて来ているのです。

それでは、これからの女性が男性に接する基本中の基本を解説です。

かんの良い方なら気づいたかもですね。

そうです、女性の時代が来た、女性は上に表に来たと言うことは、
前の60年の男性時代の男性がやったことをすれば良いのです。

上に表に立っているのですから、
男性を包む、男性の話を聞いてあげる、
男性の助けになる。これです。

かって、男性の理想像と願っていた事を、
今度は女性が男性にしなければ絶対に上手くいかないのです。

その傾向は確かにでてきましたね。
「草食系男子」とか「スイーツ何とか男子」とか・・
うまい表現です。

ですから、女性は「私の理想は優しくて、お金持ちで、イケメンで、
掃除も手伝ってくれて、休みにはドライブに・・・」、
なんて言っている人は、もう的はずれなのです。

こう言うところにこだわっていると病気の原因を引いてくるのです。

上にいるのに高い理想ばかりだと、高い空の雲をつかむようなものなのです。
上に表にいるなら足下、下の位置の男性を大きくつつんであげる包容力が
大事な60年にはいったのです。

かって高度成長の時は、男性が上でお嫁さんは探すのに大変でした。
しかし、どうでしょうそれも今は逆転していますよね。
それは女性の時代が来ているからなのです。

自分を包んで欲しいから、自分がつつんで幸せにしてあげる。
この意識改革ですね。でも最後はそれで両方とも幸せになれるのです。
方法だけが逆になった60年なのです。

女性が、男性をとらえる気は肺の元気である
皮膚の状態にでます。

○○運を上げるには「肌の手入れができて張りとツヤが有れば大丈夫です」。
せっかく○○運が来ているのに、それを下げている人は、
皮膚が浮腫んでいる人・マシュマロの様に皮膚表面がゆるんでいる人ですよ。

まずはご参考に。。。。

ブログランキング参加中なんです!
① バナーをクリックして開く。
② 開くと右下に「現在の順位をくりっく」
③ 順位の中の当方のブログをクリックして開く
応援クリックお願いします。。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

現在当院以外で同じ運氣論治療を受ける事ができる診療室
はり灸院 きりょう<札幌市> , はり・きゅう 月舟庵<札幌市>
しばた鍼灸院<富山県>, 山田治療院<愛知県> (卒業生は載せてありません)