冬の後半って?

冬至(とうじ)である12月21日から、
翌年の2月3日の節分(せつぶん)までの時期なんです。

この時期には、皆さんの健康や病気を治すための力(自然治癒力)が完成する大切な時期に入ります。

一日で例えると、夜中の0時から3時までの3時間に相当します。
癸(みずのと)・腎臓タイプ 作強の官(さっきょうのかん)

仕事や根気・技術・創造的に最強のチャンス〈仕事の必要条件〉。

この時期は、手肌などの美容や病気など治すための自然治癒力が備わる時期なのですが、さらに重要なことがあります。

それは、皆さんの仕事への能力の向上と、
それを持続するための根気が備わってきます。

この仕事への能力の向上と根気が整ったときに、
始めて「新しいものの開発」に大きく左右する
「創造的な力」が湧き出てくるのです。

ですから、新しい事を始めたり、商品開発をしたりという方にとって
とても大切な時期なのです。
いくら考えてても新しいアイディアがでてこないと言う人は、
この冬の睡眠というのは大切な充電期間と言えるのです。

健康面ではどうなのでしょう?

足腰が丈夫に成ってきます。体も心も脳の働きもすべて旺盛になり、
精力も旺盛になって、私たちの体の生長や生殖能力を盛んにしてくれます。

こんな時には、体の中では腎臓の元気が力を発揮しています。
東洋医学では腎臓の元気というのは命の基になっているエネルギーを指し、
これが絶えると死をも意味しています。
この腎臓の元気は?

私たちの体を生長させ、心を寛大にし、脳をも栄養してしますので、学力や記憶力に多いに関係してきます。

ですから精力旺盛な人は、勢力的に仕事をこなしたり、社会活動にも人間関係においても積極的になれ、心の面でも積極的に考えて取り組み、志も強くなり、頭脳明晰で記憶力もよくなります。

感情面では恐怖感や不安感が・・・

足腰が丈夫で腎臓の元気が旺盛な人は、恐怖感や不安感が無くなるために、新しいことへも恐れずに積極的に取り組みます。

人を雇用する時は、足腰の丈夫な人を雇うといいのですし、
足腰の痛い人は一日も早く治す必要があるのです。
仕事をする能力が発揮され、どのような仕事でも忍耐力が強く黙々とこなし、チャンスを生かせるようになるのです。

人の秘密を簡単に漏らす人

この腎臓の元気が丈夫な人は「他人の大切な秘密もきちんと守ります」。ですから信頼性がとてもある人です。

逆を言いますと、友達に「ここだけの話だから内緒に」なんて信頼して相談したことが「知らないのは自分だけだった」なんて笑い話もありますが、大事なことをペラペラしゃべって歩く人は、人間のもっとも大切な腎臓の元気が弱い可哀想な人なのです。

まとめ

このように足腰は丈夫で腰痛はなく、髪の毛はフサフサとし、歯も耳も丈夫になり、骨格も太くてしっかりしていると仕事の能力が上がります。

このような方は、24種類の脈にもハッキリ出てきますので、そんな時は腎臓の元気を高めるために足と腰のツボから治療をし、脈で整った事を確認していきます。

以上の様に冬の前半と後半の養生の最大級「睡眠と休養」は「取れない疲れを」生み出し、来年の健康運・仕事運・美容運・結婚運に多いに関係する大事な時期なのです。

「取れない疲れ」が「腎臓の元気」を下げ、同時に「運を下げる原因」になるのです。。

ブログランキング参加中です!
① バナーをクリックして開く。
② 開くと右下に「現在の順位をくりっく」
③ 順位の中の当方のブログをクリックして開く
これで応援クリック完了なんですよ。。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

現在当院以外で同じ運氣論治療を受ける事ができる診療室
はり灸院 きりょう<札幌市> , はり・きゅう 月舟庵<札幌市>
しばた鍼灸院<富山県>, 山田治療院<愛知県> (卒業生は載せてありません)