前回のお話から、自分の最適なお仕事を選ぶ為の
大切な基準・自分軸はつかめたでしょうか?

         <陽>    <陰>
       子(ね)   丑(うし)
       寅(とら)  卯(う)
       辰(たつ)  巳(巳)、
       午(うま)  未(ひつじ)
       申(さる)  酉(とり)
       戌(いぬ)  亥(い)

<陽>は「出来る事・才能」で選ぶ方が良いです。
<陰>は「自分の好きな事」で選ぶ方が良いです。

以上でした。

ここからが大切!

ここまでで、自分の仕事を選ぶ「立ち位置・基準」が決まりました。
これで半分なのです。えええって聞こえて来そうですね。。

さらに、仕事は人の為に社会の為にお役に立ち、
そのことが自分の幸せ・人生の充実感に成るようにするには、
どのように繋げて進んで行くと良いのでしょう?

今日はこんな所にお話をすすめて行きたいと思います。

<陽>グループの人

<陽>グループの人「出来る事・才能」で選ぶ方が良いです。
       ↓
       ↓
<陰>グループの人「自分の好きな事」で選ぶ方が良いです。

つまり、陽グループの人は、陰グループの人を目指すのです。

陽グループの人は、もともと起用で仕事が出来る・才能がある技能者タイプです。

陽グループの人は、仕事の技術が高い事は当然もとめられますが、
それだけでは人として不完全なのです。


その仕事が更にその仕事の良いところを確認し好きに成り、

興味を持つと良いのです。つまい陰グループの内容です。

するとそれが下の者へ波及して行き皆が幸せに成り、
自他共にもっと幸せになるのです。

陽というのは「天とか太陽」など上から下に向かって
命を与えてくれる存在です。
上記の図の↓下を向いていますよね。これはそのような意味なのです。。

<陰>グループの人

<陽>グループの人「出来る事・才能」で選ぶ方が良いです。
       ↑
       ↑
<陰>グループの人「自分の好きな事」で選ぶ方が良いです。

陰グループの人は、陽グループの人を目指すのです。

陰グループの人は、もともと判断を興味がある・好き嫌いと感情を満たすことで選ぶ天才です。満足感・充実感と言った雰囲気や人生デザインタイプです。

ですから、陰グループが満足感・充実感を求めるのは当然ですが、
そこは仕事ですから、社会で役立つ技術を向上させる必要があります。
仕事ですから、人の役に立つには好きだけでは困りますよね。
最後まで完成させないといけません。

その為には、仕事が出来るようになり社会の皆さんに喜んでもらう事を
考えてみると、その仕事の重要性が身近の感じることができます。

するとそれが上の者あるいは社会へ向けて波及して行き
自他共にもっと幸せになるのです。

陰というのは「大地とか月」など下から上に向かって
社会に貢献して行く存在です。
上記の図の↑上を向いていますよね。これはそのような意味なのです。。

その具体策は??

陽のグループは下に向かって↓が向いています。
つまり、自分の下の者、自分の足下・内面を充実させましょう。
と言う事になります。

意外と仕事のできる人って、出来ない下の者との調和が中々取れないものです。
下が理解できづらい性質になりやすいのです。

これはしょうが無いともいえます。
人の体力が100とすと、陽の人は上に80行きます、
下や内面には20しか残らないからなんです。

陰のグループは上に向かって↑が向いています。
つまり、自分より上の仕事の技術・能力を高めましょうと言う事になります。
その為には、自分より上である天・社会など外との調和を柔術させてみてください。
どうしても、自分の興味や好き嫌いという視点で判断しやすい陰のグループに取っては
自分は満足するが、周りの人の満足にまで至らない事が多々出てくるからです。

ですから意外と自分の満足度を追求すると、上の者や社会の様子が見えづらくなっても不思議はないのです。。

この場合、陰の人は下や内面に体力が80行き、
上や社会に20しか残らないからなんです。

陰と陽とはまったく真逆な存在なのです。
でも、社会ではこの両方が大切です。
電気のプラスとマイナスが無ければ電気がつかないのと同じなんです。。

陽グループは、目下の者・相手の個性を大切に
 「反省の心・内面の充実・自分の弱いところ補う」を↓

陰グループは、目上・リーダー・社会を大切に

 「夢を追う・社会性と協調・良い事を見つける習慣」を↑

そんな時は・・・

陽のグループにしろ、陰のグループにしろ、
どうしても仕事に迷う・続かない・職場でトラブルばかり、
そんな皆さんは、自分の本来の体になっていない時が多いのです。
ですから、仕事が上手く行かないのは決して自分だけのせいでは無いのですよ。

そんな時は、
陽のグループの方は内面の体力を強化し、
陰のグループの方は外面に向かう元気を体力を強化して
それぞれに合った仕事運に恵まれるように調整してあげています。

仕事がどうしても上手く行かないという皆さんは、
ぜひ試してみてくださいね。困った時は相談にきてください。
もっと詳しく自然の道からお話できるとおもいます。

ブログランキング参加中です!
① バナーをクリックして開く。
② 開くと右下に「現在の順位をくりっく」
③ 順位の中の当方のブログをクリックして開く
これで応援クリック完了なんですよ。。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

現在当院以外で同じ運氣論治療を受ける事ができる診療室
はり灸院 きりょう<札幌市> , はり・きゅう 月舟庵<札幌市>
しばた鍼灸院<富山県>, 山田治療院<愛知県> (卒業生は載せてありません)