6月6日は、あなたの悩みに取って重要な日だった!

運気アップ“気象と健康の専門家”  コン ノブゾウです。

今年前半は、堅い鉄のような頭の人にはケチをつけられ、
更に自分の成長を抑えられてきましたね。

これも天体の動きから気象現象が生まれ、
私たちの心や体に大きく影響してのことで自然の事なのです。

しかし、自分を傷つけた相手にも、
そして傷ついた自分にも心に暖かい太陽の兆しが現れ始めた日がありました。

問題の解決の兆しです。
それが、6月6日(甲子九紫火星の日)。

相手も自分もすべてが「冷静さ」が生まれ始めた日なのです。
この日から「潜在的な部分で冷静さ」が生まれて来た日です。

潜在的な深い部分なので、
自分では中々気がつけなかったかも知れません。

周り方から「少し落ち着いて来たようだね」等と
言われたりと、本人に言わずとも周りが気がついたかも知れません。

でも、自分で今までの理不尽な事に対して、
イライラや怒り、そして迷いや決断を鈍らせていた気分から
「何か自分は変わって来たかな?」と気づかれた方は
素晴らしい。自分をしっかり見つめて居られるかたです。

しかし、もっと理性と冷静さに気づく日。。

それが、6月21日の「夏至・げし」の日からです。

ご存じの様に、夏至からは太陽が一日一度づつ低く成っていき
興奮が収まってくるはずなのです。

つまり内面の精神的な部分が充実しはじめてきます。。。

ですから、今年前半の秋風のような冷たい仕打ちや
虐め、ケチ・批判と不平不満の嵐は、少しづつやむはずなのです。

それが、今回の猛暑日という現象なのです。
大抵のマスコミは猛暑日が続くといって
不平不満の報道ばかりですが、

実はそれより「皆さんの大切な生長の芽をつむ」事に
歯止めをかけてくれているのです。

さて、ここから大きな学びがあります。

それは「本当の親友と」「縁切り」した方が良い人が・・
そんな事が解ってきます。

それは6月6日をさかいに、
相手が心が少しでも穏やかに成り太陽の様に
少しでも暖かく包んでくれた場合。

この人は、本当の悪人では無く、
軽度の冷酷者。。。変な言い方ですね。。。

更に6月21日の夏至で
心が少しでも穏やかに成り太陽の様に
少しでも暖かく包んでくれた人。
これは中程度の冷酷者。。。

しかし、しかし本当に今でも今日でも
変わりなく冷酷な人は、
今は縁を切りましょう。

少し距離を置きましょう。
最低限のお付き合いにしましょう。

これが人間の「生きて行く智恵」です。

そして自分に余裕ができたとき、
そのような人にも愛情が注げるようになると
「神様レベル」人格者ということですな。

これが相手に対する評価ですが、
この事は「自分の心の評価」にもつながります。

それは、相手から受けた理不尽なことへの感情や
振る舞いが、自分も6月6日で気に成らなくなって
少し心が軽く成ってきた。
と言うご本人は、「上級者レベルの人徳者」。

6月21日で、自分の心も穏やかになり、
行動にも顔に出なくなった人は「中級者レベルの中徳者」。

今現在も「思い出すとはらわたが煮えくりかえる」、
愚痴・不平不満・文句・言い訳のオンパレードは、
どうでしょう。

とてもキツい言い方に成りますが
ひょっとして同じレベルの人格者という事になるのです。
内容の是非は別としてすね。

すべて必要な経験なのですね。
相当辛いですが・・・

こう言う理不尽な事への対処法は!

それは「腰を丈夫にして血のめぐりを良くしましょう」
腰というのは内臓では腎臓が支配しています。

この腎臓から血液や血圧を調整するために
心臓にむかって大きな血管がでているのです。

これが重要な意味があったのです。

東洋医学では「精神活動」がすべて
心臓の元気が支配していると考え
精神的な病気や症状は先ずは心臓の気を調整していきます。

心臓と言う文字「心の臓」と書きますよね。。。

今の時期とても悩みの多い人は、
先ずは腎臓を元気にして足腰を丈夫にしてあげると
心臓も元気になり、精神的も安定しストレスに強くなるのです。

こんな視点で最近の診療をしています。

以上の事を前提に、個人の違いを加味して対応していきます。
お悩み相談welcomeです。

 

ブログランキング参加中です!
応援してくださいね。
  ① バナーをクリックして開く。
  ② 開くと右下に「現在の順位をくりっく」
  ③ 順位の中の当方のブログをクリックして開く
 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA